家庭教師の銀河で無料体験をやったほうがいい理由3つ

家庭教師の銀河で無料体験をおすすめする3つの理由とは?!

 

 

こんなお悩み

 

 

この成績で大丈夫
というかホント勉強はやってよ
って言って反発して余計やらないし

 

あなたのお子様はべんきょうのしかたが分かっていないだけかもしれません
勉強の仕方、分かってくるとやる気が出て来るんですよ
逆にこの勉強の仕方がわからないといつまでたっても
勉強しない状況が続くのです

 

要領の悪さも
成績に大きくかかわります
ただ力業で量をこなせるくらいの努力家だったら
徐々に成績も上がっていきます

 

努力家も要領を身に着けたら
時間ができて他に使えることが増えますよね
これからの時代の変化は加速していきます
より英語の必要性も出てきています
考え方やコーチングの知識も個々人に必要になってきます

 

それらの勉強時間を作るには要領のいい勉強の仕方を
教えてもらってほかの知識の習得に時間を使う

 

ゲームも悪いことではないです
今どきのゲームはかなり頭を使わないとできないですからね

 

 

 

 

  • 家で勉強しない
  • 分からないことがあっても質問できない
  • 要領が悪くて困っている
  • 部活と勉強の両立が大変
  • どこの塾に入れようか迷うっているので早く解放されたい
  • もう遅い....もっと早くにやって行けばよかった
  • 難易度が高く授業がついていけない
  • 子供にあった学習塾がみつからない
  • もう直ぐ受験生になのに成績が上がらない
  • 子供のテストの結果がいつも悪い
  • このままだと希望の学校に入れない

まったくYouTubeばっかりみてて
家で勉強なんかすぐやめてしまう
このままでは将来の夢も果たせなくなってしまうのでは...
成績も大事だけど目的意識が足りないのうちの子
自立できたらなあ

 

自立」に徹底的にこだわる【家庭教師の銀河】

 

 

 

 

まだ間に合う...

 

いつでもいつからでも
間に合いますよ
高校生までの学習は結構、その後に役に立つこと
があります
直接、役に立つというより
そのベースがしっかりしてるから
社会人になってさまざまなことを覚えることができるのです

 

そのための学習といってもいいですね
受験は通過点の一つにすぎません
受験も大切だけどその後の人生はもっと
長いですからね

 

 

 

  • リモートワークもあるので時間の短縮になる
  • 諦めたらそこで試合終了ですよ
  • 自立心がつくことが大事なので試験対策だけでなく長い目で必要性
  • 受験まで期間が3ヶ月程度の場合、勉強を絞って行うことが必勝法

 

デメリット

 

自立心が芽生えると
積極性が違うので勉強の効率が違ってきます
目的意識を持つことが大切

 

  • 半年は自立心を形作るのに時間がかかるけど自立心がつくってすごい
  • 中学の1年2年の勉強をおろそかにしてしまったが基礎からしっかり学べる
  • 個別指導となるのでやや割高になるがやっぱり生徒にあった授業ができる
  • 競争心が強い子は大きな塾で勉強した方が伸びる可能性があるが
  • 勉強しなかったのは自業自得と運の悪さもあるかもしれないけど、やっぱり勉強は自立の訓練になるな

 

 

やってよかった

  • 集中力がついてきた
  • 勉強しなさいを言わなくてもやっている
  • 要領がよくなった
  • 勉強のやり方が分かってきたようで積極的になってきた
  • 自立心が芽生えた

 

あたなの子供に合った家庭教師 ※口コミ含む

 

  • 成績があがったので自信が出てきたようだ
  • 勉強のやり方がわかってきたようで楽しそう
  • 勉強での悩みを相談できる
  • 子供が夢を語るようになった
  • 無料体験従業を受けたので納得して授業を受けることができた

 

 

家庭教師の銀河で無料体験をおすすめします

大学受験体験談 その1 国語が苦手

 

 

 

私は小さい頃から国語が大の苦手でしたが、
センター試験の国語で8割超の得点を獲得することができました。

 

普段は読書も全くせず、模試などや定期テストでは
いつも半分くらいの点数しか取れていませんでした。
そんな私がどうしてセンター試験本番で8割も点数を
とることができたのでしょうか?

 

今回は国語に限らず、
試験全般で使える誰にもできるようなノウハウを
お伝えさせて頂きます。

 

わたしが何をやったのか結論からお伝えすると、
「過去問を解きまくり丁寧に復習する」
これにつきます。
「なんだ、そんなことか」と思ったかもしれませんが
超重要なことです。

 

まず過去問を解きまくると言う点ですが、
わたしは10年分の過去問を2?3周しました。
あなたも試験をうけるのですから
過去問くらい解いたことがあるかもしれません。
しかし、どれくらい解きましたか?
1年分?2年分?
それじゃあ全然足りませんよ。
もともと得意ならまだしも、苦手であるなら
10年分は解きましょうよ。
結果を出すためにはとにかく人より量をこなすことが大事です。

 

そして、過去問を解きまくるという量をこなすことと同時に
「丁寧に復習をすること」も大切です。
ただ解くだけなら誰にでもできます。
何も考えず解くだけ、解いても復習しない、となれば
解いた意味がほとんどありません。

 

「この問題はどうしてここが正解なのか?」
「登場人物や筆者はどう考えているのか?」
「知らない文法や単語はないか?」

 

全て確認して分からない問題をつぶしてください。
ここまで丁寧に復習をして量をこなすことで
正解のパターンが見えてきますし、過去問を使うことによって
同じような問題が出ることもよくあるんですよね。

 

私は人より本を読むのは本当に遅いです。
でも上のような方法を使って
センター試験で自己最高得点を獲得しましたし、
普通の人より点は取れていると思っています。

 

この方法が使えるのはもちろん国語だけに限りません。
いろんな試験でも同じことですので、
ぜひ過去問をたくさん解き丁寧に復習することを
意識してやってみてください。


 
page top